研究業績

フェローシップ学生の論文・学会発表業績

令和3年度

論文発表

  • Detrusor underactivity causes neurogenic voiding dysfunction in a rat bilateral accessory nerve-injury model.
    Maeda K, Hotta Y, Kawata R, Kataoka T, Kimura K.
    J Pharmacol Sci. , 146(2):116-119. 2021.

学会発表

  • Feeder-free条件下におけるヒトiPS細胞由来内胚葉の分化法の確立と小腸上皮細胞および肝細胞への分化誘導
    ○白井 晃太郎、邱 施萌、岩尾 岳洋、松永 民秀
    日本医療薬学会年会, 2021年10月9日ー10日, web開催
  • 薬物動態アッセイモデルの確立に向けたヒトiPS細胞由来腸管上皮細胞の培養法の改良
    ○白井 晃太郎、邱 施萌、岩尾 岳洋、松永 民秀
    細胞アッセイ技術の現状と将来, 2022年1月25日, web開催
  • Time-Series Expression of Fibrosis-Related Genes in the Bladder Following Pelvic Nerve Injury in an Experiment using Rats.
    ○Kawata R, Hotta Y, Nakata N, Kataoka T, Kimura K.
    International Continence Society (ICS) 2021. October 2021. Melbourne, AUS.(Web開催)
  • ラット骨盤内神経損傷に伴う膀胱線維化メカニズムの検討
    ○川田龍哉、堀田祐志、中田菜美、片岡智哉、木村和哲
    第28回日本排尿機能学会, 2021年9月, 松本
  • Examining the mechanisms underlying bladder fibrosis associated with injured intrapelvic nerves in rats.
    ○Kawata R, Hotta Y, Nakata N, Kataoka T, Hibi Y , Kimura K.
    第95回日本薬理学会, 2022年3月, 福岡
  • カルバマゼピン固体分散体のNose-to-Brain経路を利用した脳移行促進戦略,
    ○諏訪部 晋, 小川 昂輝, 田上 辰秋, 尾関 哲也
    第38回製剤と粒子設計シンポジウム, 2021年10月, Web開催.
  • 「高効率な光応答性NOドナーの開発と血管弛緩制御への応用」
    ○齋藤 大介, 家田 直弥, 堀田 祐志, 川口 充康, 木村 和哲, 中川 秀彦
    レドックスR&D戦略委員会 第1回若手シンポジウム, 2021年11月8日, Web開催
  • Cluster Formation of Oppositely Charged Colloidal Particles in Colloidal Space Experiment○Hiroyuki MIKI, Teruyoshi ISHIGAMI, Yuzuki MORI, Akiko TOYOTAMA, Tohru OKUZONO, and Junpei YAMANAKA, Satoshi ADACHI, Tetsuya SAKASHITA, Taro SHIMAOKA, Masae NAGAI, Yuki WATANABE and Seijiro FUKUYAMA
    日本マイクログラビティ応用学会, 2021年 10月13日, Web開催
  • Clustering of Oppositely Charged Colloidal Particles
    ○Junpei Yamanaka, Hiroyuki Miki, Teruyoshi Ishigami, Minori Fujita, Yurina Aoyama, Akiko Toyotama, and Tohru Okuzono
    11th LIQUID MATTER CONFERENCE 2020/2021, Prague, Czech Republic July 19-23, 2021 (Online)
  • 荷電コロイド粒子の会合と基板への静電吸着による構造形成
    ○山中 淳平,藤田 みのり,青山 柚里奈,石神 瑛圭,三木 裕之,豊玉 彰子,奥薗 透
    第72回コロイドおよび界面化学討論会, 2021年9月15 日, Web開催
  • 三成分連結法/6-endo環化による二環性トランス縮環化合物合成法の開発
    ◯安藤 龍志、加藤 美里、山越 博幸、中村 精一
    日本薬学会第142年会, 2022年3月26日, Web開催